チャットレディの仕事に適したカラコンの選び方 | チャトレのお役立ちコンテンツ

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。


チャットレディの仕事に適したカラコンの選び方

チャットレディがカラコンを選ぶなら

チャットレディの仕事に適したカラコンの選び方

チャットレディのお仕事でも、カラコンは自分を可愛く見せるアイテムとして、プロ・初心者問わず、大変人気が高いです。

カラコンを使えば、瞳の大きな愛らしい印象の女の子に、手軽になれます。
その上、チャットレディの仕事においては、身バレ対策・顔バレ対策としても有効です。

チャットを始めるなら一度は使ってみたいカラコンですが、選び方を間違えると逆効果になってしまいます。
選び方や使い方を間違えると、目の病気にかかってしまう危険性も、無いとは言い切れません。

そこで今回は、チャットレディに適したカラコンの選び方について、詳しく紹介します。
カラコンに関する基本用語の解説もするので、初めてカラコンを購入する方は、用語についても押さえておきましょう。

チャットレディなら押さえておきたいカラコンの基本用語

チャットレディにとって、カラコンは、自分をより良く見せるためのアイテムのうちのひとつです。

とはいえ、直接目に付ける物であるため、正しい知識を持った上で選ばないと、大きなリスクが潜んでいます。
例えば、瞳を傷つけてしまったり、感染症やドライアイなどの目のトラブルに陥ったり。
酷い場合であれば、視力低下や失明も起こり得ます。

正しくカラコンを選び、安全に使うため、知っておくべき基本用語を紹介します。

レンズの直径サイズを表す「DIA」

カラコンを買う際、「DIA(ダイア)」という数値が必ず表記されています。
これは、カラコンの大きさのことです。
DIA(ダイア)は直径の値なので、「DIA14.0」と表記されていれば、レンズの直径
が14.0mmあることを表しています。

レンズの直径が大きければ、その分着色できる面積も広くなるので、普段カラコンを使ったことがない人は「直径が大きなものを選べば、その分目も大きくなれる」と思いがちです。
しかし、レンズの面積が大きいと、目に負担をかけてしまうことになります。

通常、人は口や鼻以外にも、皮膚や眼球からも酸素を取り入れており、カラコンを使うことで眼球が酸欠になってしまうケースは多いです。
DIAの数値が大きく、目を覆う面積が大きくなればなるほど、酸欠になるリスクも高まります。

もし、カラコンやコンタクトレンズを普段から使用していない方は、最初は直径が小さなカラコンから試してみて、徐々に慣れていくようにしましょう。

相手からの見え方に影響する「着色直径」

着色直径とは、カラコンの色が付いている部分の大きさを表します。
同じDIA数のレンズでも、着色直径の大きさによって見え方は大きく異なることから、瞳を大きく見せたい人は、着色直径を注視するようにしましょう。

ただし、瞳を大きく見せるために着色直径のとにかく大きなものを選ぶと、見た目に違和感を感じる場合もあります。
着色部分のデザインにより、自分の本来の瞳との間に隙間ができてしまうことも。
黒目の部分が過度に大きくなりすぎて、白目部分が不自然に狭く、不気味な印象になってしまうことも多いです。

そこで、自分の元々持つ瞳とカラコンのデザインを照らし合わせながら、着色直径を決めることをおすすめします。

フィット感に関わる「ベースカーブ(BC)」

眼球が丸みをおびているように、カラコンにもカーブが掛っています。
身長や瞳の大きさが人それぞれ違うのと同様、眼球のカーブの大きさも人それぞれです。

個人差のあるカーブの大きさは、「ベースカーブ(BC)」で表されます。
ベースカーブは、装着時のフィット感に関わり、眼科に行くことで測ってもらうことが可能です。
選ぶカラコンは、自分の眼球のベースカーブの±0.2mmの範囲内のものを選びましょう。

ベースカーブが最適でない場合、カラコン装着時にゴロゴロしたり、眼球に傷がついてしまうことがあります。
眼はデリケートながら大切な器官なので、きちんと自分に合うカラコンを選ぶのに加えて、違和感がある時や数ヶ月に一回は、きちんと眼科で診てもらうようにしましょう。

チャットレディに適したカラコンの選び方

チャットレディがカラコンを使うなら、自分の好みを重視して選ぶよりも、お客さんに好感を持たれるカラコンを選ぶことが重要です。

顔バレ対策をメインに考えた場合でも、選び方にいくつかポイントがありますので、ぜひ参考にしてみてください。

サイズの目安は13.8㎜~14.5㎜

カラコンのサイズは一般的に11.0~15.0㎜と幅広くありますが、チャットレディにおすすめのサイズは13.8㎜~14.5㎜です。

「14.5㎜にもなると、カラコンをしていることがバレバレなのでは?」と思う方もいるでしょう。
しかし、チャットレディはカメラ越しに接客をするため、多少は大きめのカラコンでも、ライブチャットのサイト画面で見ると、あまり違和感は出ません。

ただし、カラコン初心者の方であれば、まずは小さいサイズのものから使うようにしましょう。
なぜなら、カラコンに慣れていない間は、特に目のトラブルになりやすいからです。
サイズが小さくても、着色直径が大きければ大きな瞳に見えるので、レンズのサイズは無理せず、着色直径を重視して選ぶことをおすすめします。

色は自分の瞳に合ったものを選ぶ

カラーについて、カラコンは、製品によって発色の良さが異なります。
ナチュラル感を重視しているカラコンは、元の瞳の色が濃い黒色の場合、思ったほど発色しないということが少なくありません。
反対に、元の瞳の色素が薄い人であれば、どのカラコンのカラーも比較的映えやすいです。

そのため、発色性を考えると、自分の瞳の色に合ったカラコンを選ぶ必要があります。
色素が濃い方なら、少し明るめに感じるものを選べば、ちょうど良い発色になるでしょう。
明るめのカラコンを色素の薄い方が選ぶと、目立ちすぎて不自然に見えてしまうこともあるため、逆に明るすぎないものを選ぶことで、ナチュラルな印象を演出できますよ。

顔バレ対策のポイントは「普段と違うもの」

顔バレ対策のためにカラコンを活用したい方は、普段の自分と印象を変えることが大切です。
普段からカラコンを使っている方なら、いつも使っているものとは違うデザイン・カラー・サイズのものを選択しましょう。

アダルト・ノンアダルト問わず、チャットレディとして安全に働くために、身バレ対策や顔バレ対策は重要です。普段と違うポイントを増やすことで、自然と違う人と思われやすくなるでしょう。

チャットレディの仕事に適していないカラコンとは?

チャットレディの業界では、仕事に適さないカラコンの条件がいくつか挙げられます。

  • 自分に合っていないサイズのもの
  • 価格が極端に安いもの
  • 派手すぎるカラーのもの

これらの条件は、安全かつ効果的に、チャットレディの仕事にカラコンを役立てるために大切です。

自分に合っていないサイズのものや、価格があまりにも安いものには、たくさんのリスクが潜んでいます。
サイズが合っていないことによる眼球トラブルには、目が疲れやすくなったり、ドライアイになってしまうことも少なくありません。
パソコンやスマホのディスプレイを長時間見れなくなってしまうと、チャットレディの仕事の弊害になります。
価格が極端に安いものは、着色面が直接瞳に触れる構造になっていたり、酸素を阻害しやすくなっていたりと、品質が良くないケースもあるので、注意が必要です。

派手すぎるカラーは、お客さんである男性受けが悪いため、チャットレディのお仕事には適していません。
特に外国人のような、ブルー・イエローなどの奇抜なカラーは、髪色や肌の色から浮いてしまい、不自然に感じられやすいです。
あくまで自然に見える範囲で、可愛くなるようなカラコンを選ぶように、注意しましょう。

チャットレディが使用するカラコンに困ったら

チャットレディの仕事におけるカラコンは、顔出しに抵抗がある女性の強い味方です。
さらに、自分をより可愛く見せてくれて、男性受けを良くすることから、報酬アップにも効果があります。
価格や大きさばかりで選ぶのではなく、正しい選び方を知って安全に使用することが、カラコンの効果を最も実感するためのポイントです。

とはいえ、チャットレディの中には、「カラコンには抵抗があるけれど、報酬をアップしたい」「カラコン無しでの顔バレ対策をしたい」という方もいるでしょう。
そんな方には、チャットレディ代理店のAlice(アリス)がおすすめです。

アリスは、チャットレディ一人一人に合わせたプロデュースをしてくれるので、カラコン以外の報酬アップの方法や、他の顔バレ対策の方法を教えてくれます。
例えば、綺麗に見えるカメラ設定のコツや、顔バレ対策に有効なメイク・ウィッグの使用方法など、種類はさまざまです。

少しでも気になった方は、アリスの公式サイトを一度チェックしてみてくださいね。

2021年6月15日 カテゴリー: アドバイス

▲ PAGE TOP