チャットレディはなぜ身分証明書を求められるの?悪用の心配は? | 熊本の現役チャットレディからのアドバイス

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。


チャットレディはなぜ身分証明書を求められるの?悪用の心配は?

チャットレディをするなら身分証明書は絶対必要

チャットレディはなぜ身分証明書を求められるの?悪用の心配は?

チャットレディの仕事は、法律で映像送信型性風俗特殊営業に分類され、18歳以上の女性しかできません。18歳未満の女性を雇ってしまうと、それだけでそのライブチャットサイトは閉鎖されることもあります。

サイトを運営する側としてもチャットレディの年齢というのは、慎重に確認したいものであり、面接の時点で身分証明書などを求めてくるところも多いです。

この記事では、そんなチャットレディと身分証明書の関係について解説していきたいと思います。

チャットレディはなぜ身分証明書が必要なの?

面接時にチャットレディ志望の女性に対して、面接で身分証明書を求める代理店がほとんどです。ここでは、そんな身分証明書をどういうことに使っているのかを解説していきます。

本人確認をするため

チャットレディが仕事を始める前に身分証明書を提出するのは、本人確認のためでもあります。「他人に成りすまして面接に来ていないか?」というのを確認するために提示を求め、本人だと確認することができれば、晴れてチャットレディとして働くことができるのです。

身分証明書を求めてくることに対して不安に思う気持ちは理解できます。そこまで有名ではない企業に自分の身分証明書を見せるのは、確かに怖いことかもしれません。

しかし、ライブチャットサイトや代理店は、その人が本人だと確認できればそれだけでよく、住所などは特に気にすることはないです。本人確認をすることができなければ、チャットレディとして働けなくなります。そうならないように、「チャットレディをするために身分証明書の提出は必要なんだ」と割り切って、身分証明書を面接のときに提出するようにして下さい。

18歳以上なのかの確認

チャットレディは、18歳以上でなければできない仕事です。これは法律で決まっていることなので、どうしようもありません。たまに、稼げるおすすめ求人を見て、お金が欲しい18歳未満の女性が年齢を偽って求人に応募してくるということもあり、身分証明書で年齢をチェックすることはどこのライブチャットサイトでも行われています。

身分証明書を提出するというのは、年齢確認をする意味でも絶対必用なものなのです。

チャットレディを身分証明書なしでできるところは危険

ほとんどのライブチャットサイトや代理店などではチャットレディの仕事をしたい女性に対して身分証明書を求めます。しかし、中には身分証明書を求めることなく女性を採用してチャットレディの仕事をさせるところもあります。

ここでは、そんな身分証明書なしで女性を働かせるサイトや代理店の危険性について解説していくので、是非参考にしてみて下さい。このような事務所はほぼ悪質な営業をしている事務所なので、「身分証明書を提出しないで働ける」という理由で選ぶことはしないようにして下さい。

身分証明書なしでできるところは悪質なところが多い

ライブチャットサイトや代理店の中には、残念ながら悪質な営業をしているところもあります。モコムなどの大手サイトは安心できますが、出始めのサイトだったり、小さな代理店というのは、このような悪質な営業をしていることもあるので、注意が必要です。

悪質な営業をしていると、それだけ悪評も広がっていきます。この悪評を見た女性は、このサイトや代理店を選ぶことはなく、悪質な営業をしているとチャットレディを集めるのに苦労してしまうのです。

そうなると、「身分証明書なしですぐに働ける!」だったり、「本人確認や年齢確認なしで誰でも働けます!」というように、チャットレディを集めやすいように身分証明書なしでどんどん女性を雇うようになります。

もちろん身分証明書をチェックしないで18歳未満の女性を雇ってしまうのは、サイトを閉鎖されたり代理店の営業を停止され、働いていたチャットレディは仕事を失ってしまうことになるでしょう。

身分証明書を求めてこないところは、働くチャットレディ側にもさまざまなリスクがあるので注意して下さい。

自分のペースで働けないこともある

このような悪質なサイトや代理店に登録してしまうと、自分のペースで働けないこともあります。チャットレディは、自由に出勤できて自由に退勤できるというのがメリットであるのに、休みの日に出勤を強要されたり、疲れているのに何時間も働かされることもあり、自由とは程遠い苦労を強いられることになるでしょう。

このようなところは悪質な営業を行っているので、チャットレディも当然のように雑に扱われます。

最悪の場合は報酬をもらえないこともある

身分証明書を求めてこないサイトや代理店は、ある意味何でもありの営業をしています。そういうところなので、チャットレディに報酬をまともに支払ってくれないこともあるでしょう。

「給料未払いでサイトや代理店に通話をしても音信不通になって逃げられた」という被害もあります。

せっかく働いたのに報酬がもらえないというのは、全てが無駄になってしまいます。給料の未払いトラブルに巻き込まれたくなかったら、身分証明書を求めてこない悪質なところでは絶対働かないようにしましょう。

しっかりとした身分証明書を求めてくるところで働こう

チャットレディで働くなら、身分証明書をしっかりと求めてくるところで働くようにしましょう。運転免許証やパスポートやマイナンバーカードのように、顔写真付きのものを求めてくるところの方が健全な運営をしているところだといえます。

また、顔写真付きの身分証明書と合わせて住民票の提出を求めてくるところもあります。このようなところは、チャットレディの本人確認や年齢確認をしっかりと行っているといえるので、安心して働くことができるでしょう。

チャットレディの身分証明書は悪用されない?

身分証明書を提出するのにためらっている女性は、悪用や流出を恐れていると思います。ここでは、身分証明書を提出することの安全性について解説していきます。

事務所や代理店はチャットレディの個人情報を慎重に取り扱う

事務所や代理店は、チャットレディの身分証明書や個人情報を厳重に保護しています。特に、個人情報については個人情報保護の観点から暗号化され、たとえそれが流出したとしても、どんなことが記載されているのかを判断することはできません。

また、個人情報のデータには、事務所や代理店の社員でもほんの一部の人しかアクセスはできないようになっているところもあるなど、チャットレディの個人情報は厳重に守られています。

身分証明書を出して個人情報を提供しても、それが流出してチャットレディ自身が被害を受けることはないので安心して下さい。

チャットレディを辞めたら個人情報はどうなるの?

チャットレディをしている間は良いのですが、この仕事を辞めた後に自分の個人情報が残っているというのは少しばかり気持ち悪さを感じることかもしれません。

しかし、辞めたチャットレディに関しての個人情報は、辞めた後に削除している事務所や代理店が多いです。事務所や代理店側も、個人情報の管理はデリケートに扱っています。辞めた人の個人情報をずっと残しておくというのは、リスクしかない行為なのでそれはありません。

チャットレディを辞めた後に、個人情報が売られるということもないので、安心しても問題ないでしょう。

代理店はチャットレディの身分証明書や個人情報をガッチリ守ってくれる

基本的には、チャットレディの個人情報はどの代理店も厳重に扱っています。しかし、「それでも個人情報が流出しないか不安」だと感じている人も多いでしょう。

そんな人におすすめなのが、チャットレディAlice熊本という代理店です。チャットレディAlice熊本では、チャットレディの個人情報については他の代理店よりも厳重に使っています。

法令に遵守しながら運営しているので、もちろん面接時に身分証明書をチェックします。チャットレディAlice熊本は、悪質な代理店とは程遠い存在なのです。

また、他にもチャットレディのサポートを多く行っています。「男性客に送るメールの文章を一緒に考えてくれる」だったり、「プロフィールに掲載する写真や画像のおすすめの撮り方」なども知ることができて、個人でチャットレディをするよりも、何倍もためになる知識を蓄えることが可能です。

チャットレディAlice熊本に登録することで、高収入を得られる可能性が上がるので、チャットレディで稼いで貯金をしたり好きなものを買ったりしたい人は、是非チャットレディAlice熊本に登録して働いてみて下さい。

2021年4月9日 カテゴリー: アドバイス

▲ PAGE TOP